ウェイトゼロ 成分

ウェイトゼロは植物由来成分で安心?【含まれている成分を調査!】

ウェイトゼロ 成分

 

18日間でも大幅な減量が期待できるというウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)、いったいどんな成分が配合されているのでしょう。

 

アメリカの肥満治療施設で使われるくらいだし、すごい成分が配合されているのかも?

 

でも、こういうダイエットサプリって危険な噂を聞くこともあるし、ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)が本当に安全なのかも心配ですよね。

 

ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)の成分と、その成分の発揮する効果について詳しく見てみました。

 

朝のウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)

 

ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)は朝と夜で飲む錠剤が違います。

 

それぞれの時間帯にあった効果を発揮させ、より効果的なダイエットにするためです。

 

まずは、朝専用の錠剤の成分から見てみましょう。

 

脂肪燃焼を促すのは、L−カルチニン。聞いたことがありますね。

 

お肉などからも摂取できる成分です。

 

グレープフルーツから取れるリモネンとヌートカトンも、脂肪の燃焼を促進してくれます。

 

そして、体の中に蓄積された脂肪を分解するのは、シトラスアランティウムという成分。

 

その名の通り、柑橘系の果物から取れる成分です。

 

新陳代謝をアップさせ、無駄な脂肪に働きかけます。

 

さらに、黒胡椒抽出物が血行を促進し、体脂肪の燃焼を助ける役目を。

 

生コーヒー豆エキスが、脂肪に変化する前のブドウ糖を体内から排出する役目を。

 

ブラックジンジャー抽出物が基礎代謝アップ、ヘンプの種子パウダーが体内のデトックスを。

 

もうひとつ、チクオト酸という成分が、体内に入ったブドウ糖を素早くエネルギーに変えてくれます。

 

体がポカポカしそうな成分ばかりですね。

 

朝に飲むウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)は、体内の働きが活発な時間にぴったりの成分が配合されているようです。

 

夜のウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)

 

夜のウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)はどちらかというと、デトックスに力を入れているようです。

 

便秘に効果があることで有名なキャンドルブッシュと酸化マグネシウム。

 

さらに乳酸菌とケフィアの粉末、明日葉が腸の働きを整えます。

 

脂肪を体内に蓄積させないようにするのは、キダチアロエや難消化性デキストリン。

 

そして、野草発酵エキスとスピルニナが体内の毒素、老廃物を排出。

 

さらには満腹感を促し、食欲を抑える働きをしてくれます。

 

夜のウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)の成分は、デトックスだけでなく、夜に食べることも予防してくれそうです。

 

ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)の成分まとめ

 

本当にいろいろな成分が配合させているウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)ですが、そのほとんどが植物由来のもののようです。

 

こうして成分を見てみると、朝と夜で違う錠剤を飲むのには納得です。

 

ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)の成分に関しては、ウェイトゼロ(WEIGHT ZERO)の公式サイトを見るのが一番分かりやすくておススメです。

 

写真付きで成分が紹介されているので、どんな植物から取れるのかというのが分かります。

 

覗いてみる価値はあると思いますよ。

 

>>ウェイトゼロの詳細はコチラ